SPEAC

SPEAC

デザインをリレーする

家具付きサービスレジデンス、シェアSOHOと用途を変えてきた建物を、再び賃貸レジデンスに転用したリノベーション。建築当初から引き継がれている”常陸宮邸の借景”、”建物の軽快さの表現”、”粒子的な細やかなディテール”といった要素を消し去る事なく、増幅させるように再構成している。

scape2

①借景が映り込むガラスの壁を作って、常陸宮邸の緑に囲まれているようなリビングとした。

scape4

②粒子状の細かいテクスチャのあるタイルを用いた壁

scape3

③空間全体の軽快な表現とは対比的な重厚な石の壁をつくり、軽さをより強調する。

 

マーケットポジションの転換

最寄りの駅から徒歩10分程度。決して便利とは言い切れない立地条件のため、一般的な賃貸住宅マーケットにおいて高い収益は期待できない。 そこで、常陸宮邸に面する希少な周辺環境と建築意匠を活かした「高級レジデンス」のニーズに着目することで、駅からの距離が問題にならないポジション転換した。

before1

緑の借景を大きく取込んだ空間であった。

before2

scape_before3

細かなタイルや繊細なルーバーが、オリジナルの空間特性の一つであった。

 

以前のレジデンスやシェアSOHOは、サイズや立地面でマーケットニーズにフィットしなくなりつつあった。そこで、ワンフロアに元々4戸あった住戸を2戸にして、住戸面積を2倍にした。

さらにこの建物の周辺環境とオリジナルの空間特性を生かし 、類似する空間の無い希少価値を作った。マーケットポジションを転換し高収益を生む事業不動産となった。

plan

scape5

4戸を2戸にすることで、水廻りスペースが減った。その跡地は躯体の段差を生かして、奥まった書斎スペースとした。

scape_outside

写真 太田拓実(before写真以外全て)
Project data
  • 物件名
    the SCAPE
  • 用途
    シェアSOHO→集合住宅
  • 所在地
    渋谷区東
  • 完成時期
    2015
  • 事業主
    法人
  • 構造・規模
    RC一部S造・地上5階地下なし・延床面積882.69m2
  • 業務内容
    企画コンサルティング・基本設計・実施設計・工事監理
  • コラボレーター
    campsite,inc.
Copyright SPEAC All rights reserved.