SPEAC

SPEAC

新しい街の入り口

下北沢駅は若者の街というイメージが根強い一方で、後背地に広がる高級住宅街というもう一つの面を持つ。

中高年層を中心とする居住者が余暇やショッピングのために近接するターミナル駅およびその他商業エリアへ流出している現状を踏まえ、住む人たちが楽しめる「落ち着いた商業エリア」として西口の将来象をイメージし、計画を進めた。
HL_002HL_003006駅前という立地でありながら住宅街に隣接する本物件では、「既存の街並への調和」と「まちのアイキャッチになる仕掛け」の両立を目指した。
map小田急線複々線化によるエリアの変化と本物件の位置づけ。HL_店舗図面
下北沢駅周辺における平均的な貸店舗面積を考慮し、各フロアは二つに分割出来るよう水回りの想定位置の設定や必要な設備の用意、排煙や換気の計算等の分割時にネックとなる部分を竣工時の状態で対応出来るようにした(左)。また将来的に3階部分も用途変更をかけることを見越して、耐火建築物とし、構造の荷重設定および設備ルートも店舗に対応出来る設計とした(右)。

HL_004005 建築の足元廻りにベンチや植栽を配置。ヒューマンスケールかつランドスケープと建築の間のようなデザインとなっている。
HL_011住宅部は木をふんだんに使った内装と大きな開口から望む中庭およびバルコニーの植栽により駅前の喧噪を忘れられるような落ち着いた空間を目指した。
HL_3FLD を中心に配置された、キッチン・仏間・客間・家事室は仕切りを開け放てば一体の空間となる。HL_015024客間からダイニングをみる(左)玄関からリビングをみる(右)。HL_022028仏間(左)玄関ホール(右)。

写真:西川公朗
Project data
  • 物件名
    ハイランド
  • 用途
    店舗・住宅
  • 所在地
    東京都世田谷区
  • 完成時期
    2015
  • 事業主
    個人
  • 構造・規模
    S造・地上3階・延べ床面積498.01㎡
  • 業務内容
    企画コンサルティング・基本設計・実施設計・工事監理・賃貸リーシング・運営管理
  • コラボレーター
    株式会社チームネット・エービーデザイン株式会社
Copyright SPEAC All rights reserved.