SPEAC

SPEAC

周囲の“抜け”を引込む

敷地は低層の建物が建ち並ぶ住宅街。周囲を見ると、家と家の隙間や細い道路が、小さな“抜け”を作り出している事に気がつきます。この小さな“抜け”を遮らずに建物内部に引込んで、そのまま反対側に連続してゆく。建物を貫く“抜け”に沿って配置した住戸には、京都町家の通り庭のように光と風が心地よい空間が生まれます。

008

 

056

052

011

Masao Nishikawa
Project data
  • 物件名
    TAS上北沢レジデンス
  • 用途
    共同住宅
  • 所在地
    東京都杉並区
  • 完成時期
    2017
  • 事業主
    株式会社東京アセットソリューション
  • 構造・規模
    RC造・地上4階・延床面積1474.18㎡
  • 業務内容
    企画・基本設計・実施設計・工事監理・リーシング
  • コラボレーター
    ビー・ファーム EOSplus いろ葉design
Copyright SPEAC All rights reserved.