SPEAC

建築設計 2018-ongoing

 

 

 

SHIMOKITA FRONT

 

再開発で生まれる下北沢の駅前広場に面する商業施設。旧来の街のグリッドに再開発の線が斜めに入り込んだ変形敷地で資産価値を追求しつつ、下北沢の新たな顔を作る。銅板の外壁を穿つように階段や緑のテラスが立体的に入り込むファザードがこれから下北沢に流れる時間を刻印していく。

 

th_柏ビル_低解像度1

 

 

 

 

武蔵野台商店

 

郊外の駅ナカに新しいコミュニティ拠点をつくる実験的プロジェクト。地域で福祉事業を行うベンチャーが、まちの食堂、地域産品の物販のみならず、健康や福祉、地域での暮らしに関する様々なイベントや仕掛けを行っていく場所。SPEACは企画サポートおよび内装設計を行った。

 

musashinodai

 

 

 

 

Franc franc Forest

 

Franc franc社の新オフィスおよび撮影スタジオが共存するスペースのインテリアを企画、プロデュースした。「@カマタ」チームと「toolbox」のコラボレーションで、デジタルCNCルーターを使ったデジタルファブリケーションで家具・什器をローコストにて自社提供し、それが空間イメージの全体感を生み出すというアプローチを選択した。使いながら有機的に変化させていくことが可能な新たなオフィスデザインのケーススタディ。空間および家具のデザインはUKAW + studio niko。

 

francのコピー

 

 

 

 

兜町平和第五ビル

 

証券の街として知られる兜町に建つビルの再生プロジェクトのデザイン監修。長い間パネルで覆われていたが、旧来の美しいファサードを復活させつつリノベーションした。工事の過程で第一銀行の別館として立てられた貴重な建築(西村好時設計)であることが判明した。

 

7856296880_IMG_0356

 

 

 

 

御苑ハイツ

 

新宿御苑に隣接する一棟マンションの改修プロジェクト。効果的に配置したガラスの壁に、新宿御苑の緑を反射させ、緑に囲まれたようなリビング空間としている。

 

IMG_3607

 

 

 

 

& SMOKE

 

オーガニックタバコブランドである「ナチュラル・アメリカン・スピリット」のスモーキングラウンジ。

 

th_外部01

 

 

 

 

AOBA三鷹

 

創造的な教育方針を持つインターナショナル幼稚園。広いフロアと高い天井高を活かして、空間の多様性をつくりながら、互いに仕切りのない流動的な空間を創り出している。

 

aobamitaka

 

 

 

 

ISM ASAGAYA

 

けやき並木通りに面した店舗・オフィス複合ビルの新築設計。事業建物としての収益最大化を図りつつ、新たな街並みを創り出し、周辺エリア全体の価値を上げていくことを目指している。各フロア形の異なるバルコニーは外観を特徴づけると共に、けやき並木の景色を様々に内部に取り込む仕掛けとして各フロアの魅力付けを実現した。

 

006_圧縮

 

 

 

 

創業の地

 

メディア企業の「原点」である創業の地を、ギャラリーと会議室にリノベーションしたプロジェクト。創業期から時間を蓄積してきた痕跡をできるだけそのままの姿で感じられるような空間のつくりかたをテーマとした。新旧2つのスペースが重なり合い、創業時と現在を相対化することで、企業の歴史とその延長にある未来を表現した空間を視覚化した。

 

th_mor2_022

 

 

 

 

Remold

 

豊かな緑を持つ小石川植物園の向かいにある一棟ビルのリノベーション。1Fにはビルオーナーが運営しているレーザーカッター製品の工場があり、その上階をオフィス用途として貸し出すための企画・設計・仲介を行った。木製のオリジナルサインやインテリア照明を製作し、オーナーの手仕事が感じられるビルになっている。

36043388_10209192399405607_1979497405355130880_n 35932168_10209192400525635_2995625636103454720_n 

 

 

 

 

Copyright SPEAC All rights reserved.