SPEAC

建築設計 2018-2019

 
 
 
 

SHIMOKITA FRONT
 
再開発で生まれる下北沢の駅前広場に面する商業施設。旧来の街のグリッドに再開発の線が斜めに入り込んだ変形敷地で資産価値を追求しつつ、下北沢の新たな顔を作る。銅板の外壁を穿つように階段や緑のテラスが立体的に入り込むファザードがこれから下北沢に流れる時間を刻印していく。
 

シモキタフロント_ヨコ01シモキタフロント_ヨコ02シモキタフロント_ヨコ03シモキタフロント_ヨコ04シモキタフロント_ヨコ05シモキタフロント_ヨコ06シモキタフロント_ヨコ07
シモキタフロント_タテ01シモキタフロント_タテ02シモキタフロント_タテ03シモキタフロント_タテ04


 
 
 
 

旧第一銀行本店別館
 
証券の街として知られる兜町に建つビルの再生プロジェクトのデザイン監修。長い間パネルで覆われていたが、旧来の美しいファサードを復活させつつリノベーションした。工事の過程で第一銀行の別館として立てられた貴重な建築(西村好時設計)であることが判明した。テナント入居ののち、K5)が誕生した。
 

第一銀行本店附属新館_01第一銀行本店附属新館_02第一銀行本店附属新館_03第一銀行本店附属新館_04第一銀行本店附属新館_05第一銀行本店附属新館_06第一銀行本店附属新館_07

 
 
 
 

Hotel Noum OSAKA
 
川沿いの公園に面するオフィスビルをホテルにコンバージョンしたプロジェクト。Noum(野を生む:野原のように心地よい場所を都市につくる)というブランドコンセプトをもとに、宿泊者以外も利用できるカフェの併設、自然素材を中心とした内装、水辺の景観を意識した外装など、様々に「野原のような」を体現できるようにした。
 
photo:馮意欣

HOTELNOUM_01HOTELNOUM_02HOTELNOUM_03HOTELNOUM_04HOTELNOUM_05HOTELNOUM_06HOTELNOUM_07HOTELNOUM_08


 
 
 
 

守山市新庁舎 基本設計業務プロポーザル / ファイナリスト
共同設計:(株)アール・アイ・エー
 
滋賀県守山市新庁舎の設計競技案。「市民とともに守山を元気にする庁舎」をコンセプトに掲げ、多様な地域住民活動を受け入れる屋外広場を中心とした新庁舎、議場・多目的ホール、カフェ、食堂を計画。屋外広場を活用した持続運営可能なマーケットの仕組みはまちの新たな担い手を育成する。
 

守山コンペ_01守山コンペ_02


 
 
 
 

AOBA三鷹
 
創造的な教育方針を持つインターナショナル保育園。教育プログラムと空間を同時に創造。日本語ゾーンと英語ゾーンがある一体的な空間が生まれた。
 
photo:太田拓実

AOBA三鷹_01AOBA三鷹_02AOBA三鷹_03AOBA三鷹_04AOBA三鷹_05AOBA三鷹_06

 
 
 
 

創業の地
 
メディア企業の「原点」である創業の地を、ギャラリーと会議室にリノベーションしたプロジェクト。創業期から時間を蓄積してきた痕跡をできるだけそのままの姿で感じられるような空間のつくりかたをテーマとした。新旧2つのスペースが重なり合い、創業時と現在を相対化することで、企業の歴史とその延長にある未来を表現した空間を視覚化した。
 

創業の地_01創業の地_02

 
 
 
 

ISM ASAGAYA
 
けやき並木通りに面した店舗・オフィス複合ビルの新築設計。事業建物としての収益最大化を図りつつ、新たな街並みを創り出し、周辺エリア全体の価値を上げていくことを目指している。各フロア形の異なるバルコニーは外観を特徴づけると共に、けやき並木の景色を様々に内部に取り込む仕掛けとして各フロアの魅力付けを実現した。
 

ISM-ASAGAYA_02

 
 
 
 

Copyright SPEAC All rights reserved.