SPEAC

建築設計 2015-2017

 

 

ハーフビルド・リノベーション

 

中古戸建て住宅を再販するためのリノベーション。住まい手がカスタムして自分の空間づくりを始めるための「素地」をデザインした。構造と断熱性能の改善を優先的に行い、床段差や柱の配置、光の入れ方で間取りの「ヒント」までを作っている。「toolbox」と連携して収納や建具、建具などを選びやすくする仕組みも提供した。
(商品企画・設計監理・賃貸リーシング)

_W7A2922*

 

SORAMICHI

 

個人オーナーによる新築賃貸集合住宅の設計プロジェクト。敷地が面する大通りから路地を入ると、住戸に囲まれた中庭に出る。この中庭を通してどの住戸からも自然を感じることができるプラン。どの住戸も1.5層分の天井高を持ち、エリアでは他にない価値を創り出している。新築相場より高い水準の家賃ながら竣工後約一ヶ月で満室となった。

DSC_7331hp
撮影:西川公朗

 

 

HIGHLAND

 

さいたま市の賃貸集合住宅。路地のようなヒューマンスケールな中庭と、住戸内の吹き抜け上部に開けられた窓から、空を切り取って楽しめるようにしている。全ての住戸は1.5層分の天井高を持たせ、周囲の物件とは違う良質な空間を提供して永続的な差別化を実現した。中庭の床に使われているレンガの床は各住戸内に土間や二階のインナーテラスとしても入り込み、室内にいながらも中庭の気配が感じられる。各住戸にはネジの効くベニヤを仕込んだ壁が設けられ、DIYができる。

HL_001
撮影:西川公朗

 

 

Re-flat

 

麻布十番の築古の賃貸住宅リノベーション。立地特性をふまえてオフィスニーズと住宅ニーズを柔軟に取り込めるようなプランとした。建物寿命を大きく伸ばす構造補強は意匠的な特徴として活かしている。1Fにはオーガニックレストランが入居。

 

19424511_10207014707364667_5311693206821081023_n
撮影:宮部浩幸

 

線路上のテラスハウス

 

小田急線の地下化にともなって生まれた線路上の空地に計画された賃貸集合住宅。長屋形式を採用し、メゾネットプランのゆとりある住宅としている。道に対する表情を豊かにすべく、前庭および緑で区切られた歩行者通路、そしてユニットの奥側には小さな庭がある。周辺エリアの風景やイメージを、自然を感じる柔らかな印象にしていくことを、法規上の制約や収支の最適化とともに実現している。

 

DSC_2940

 

 

上北沢の集合住宅

 

不動産ファンドによる新築賃貸集合住宅の設計プロジェクト。敷地の周囲を見ると、家と家の隙間や細い道路が小さな“抜け”を作り出している。この“抜け”を遮らずに建物内部に引込み反対側に連続してゆくように配置した住戸には、京都町家の通り庭のように光と風が心地よい空間を生み出した。時間が経っても賃貸価値が保たれる住戸デザインや間取り設定、そして街に品格を与える外観デザインを丁寧に計画している。

 

001
撮影:Masao Nishikawa

 

竜宮城

 

築90年の風呂なし賃貸住宅の再生プロジェクト。外観やディテールに感じられる時間の積み重ねを失わせずに、現代の新たな住み方としてのシェアハウスのプログラムを挿入していった。

 

DSC_2791

 

 

人形町のリノベーション

 

DSC_5695
撮影:宮部浩幸

 

TAS Kyodo Residence

 

CF003952
撮影:西川公朗

 

 

SCAPE

 

渋谷エリアの中でも閑静で眺望もある特殊の敷地に建っていた高級レジデンスのリノベーション。

 

scape1
撮影:太田拓実

 

 

横河ビル

 

目黒に建つ築古オフィスビルのリノベーション。

 

image5

 

 

Kさんのキッチンスタジオ

 

料理研究家のキッチンスタジオ。

DSC_2972

 

IRORI HOSTEL

 

馬喰町の古ビルをバックパッカー向けホステルに転用したプロジェクト。

 

メイン

 

 

T A N G A T A B L E

 

小倉駅の歴史的市場である旦過市場の脇の古ビルで、ローカルな食の体験をテーマにしたゲストハウスを運営することになり、運営会社への出資参画・共同経営を行うとともに内装設計を行った。

 

11999009_527035884115924_2676866335367729955_n

 

 

下北沢ケージ

 

高架下の暫定有効活用として、民営による新たな公共的空間を提案し、運営まで行っているプロジェクト。マーケットやミニライブ、あるいは企業のPRイベントや街の祭りの会場、そして 飲食店のテラスなどとして多様な使われ方を生み出す空間である。”柔らかく囲う”ことによって、空き地は「何かを仕掛ける場所」になり、そのアクティビティは街ゆく人々に開かれることになる。併設のアジア屋台料理店(ロンヴァクアン)の経営も手がけている。

 

th_poi01

Copyright SPEAC All rights reserved.