SPEAC

建築設計 2010-2012

 

 

 

 

線路脇の集合住宅

 

旧鉄道用地の活用として高架下と線路脇の土地を使って集合住宅を計画した。周辺マーケットの調査から最適な住戸割計画を提案。高架下と線路側の空間を共用部分として騒音からのバッファーゾーンとしている。高架を支えるコンクリートアーチをくぐって入るエントランスはこの立地ならではの特徴。

 

中延_外観1

 

 

 

 

1930の家

 

1930年築の民家を賃貸向けに再生。余計なものを引き算していくデザインで、構成要素のほとんどが古いものにもかかわらず、子育て世帯向けと職住一体型のライフスタイルに合わせた新しい住宅ができた。周辺の同面積のマンションよりも高単価で賃貸することに成功。

 

kyoudo508

 

 

 

 

神楽坂の集合住宅

 

 

デベロッパーによる新築集合住宅。周辺マーケット調査から最適な住戸構成を考えた。神楽坂の路地のイメージを建築内にも引き込み、時折折れ曲り、時折木々や草花に出会う廊下を上層階にも配した。路地が立体化した様子を外観にも表した。

 

KAGURAZAKA001

 

 

 

 

メーカーハウス再考

 

最大公約数の人向けに間取りが考えられたハウスメーカのプレハブ住宅を子ども三人と夫婦の5人家族が個室を持たずにいつも一緒に過ごせる場所がある家にリノベーションした。リビングやダイニングだけでなく寝る場所や勉強する場所も五人みんなで使える部屋が良いというクライアントの要望に応え、個室の並んでいた二階の壁を取り払い、本棚で作った小屋を設置。小屋の外周が勉強・書斎スペース、小屋の中が寝るところとなった。天井や壁を壊すと現れたプレハブの軽量鉄骨構造は美しく、そのまま現しとした。耐震のトラスは子どもの遊び場となっている。

 

kokubotei_01

 

 

 

 

まちかどの家

 

二つの世帯が共用中庭を囲みながら暮らす二世帯住宅。共用のエントランスから直接出入りできる中庭はアウトドアの客間であり、リビングである。中庭に塔のようなものがたち。まちかどのような雰囲気を作り出している。住宅密集地において、限られた敷地の中で二世帯がそれぞれに住宅を建てた場合、それぞれの家の廻りに使えない空地が生じる。しかし一つの家を共同で作ると共用の広い庭が持てる。それぞれに建てた家にはそれぞれに階段が必要だが、二世帯住宅はそれを一つにでき、この分でもう一部屋(書斎や子供部屋)を持てる。こうした二世帯住宅とすることで得られるメリットをプランニングに取り込んでいる。

 

wakuitei_top

 

 

 

 

目黒本町のリノベーション

 

2階建、延べ床面積約130平米、大きな庭をもつ築古住宅に対するトンチの効いた賃貸活用提案。「一棟貸し想定のリノベーション案」と「建物も庭も真っ二つに分けて65平米庭付きメゾネット長屋にする案」を比較し、工事費は高くつくが、想定賃料も稼働も高くできる後者の案を採用した。

 

megurohoncho01

 

 

 

 

福岡赤坂の集合住宅

 

福岡の中心に近い住宅街に建つ14戸の賃貸集合住宅。各住戸を普遍的心地よさを持つ住空間にする為、空に価値を見いだし、出来うる限り階高を高くして眺望を最大限室内に取り入れた。その結果、空間の豊かさと設備更新の容易さが確保でき、土地の持つポテンシャルを最大限に引出すことが出来た。間取りは周辺で今後も安定したニーズの見込める50m2(1LDK程度)を中心とし、賃貸商品としての価値に配慮した。

 

fukuoka_top

 

 

 

 

ライブハウス WWW

 

渋谷の中心にある映画館をライブハウスへ転用するプロジェクト。 事業のコンセプトをふまえ、物件探しからプロジェクトマネジメントまで、空間創出の全体的なコンサルティングを行った。かつて映画館だった頃の記憶を引き継ぎながらも、新しい要素を埋め込むこといよって「いま、ここにしかない”表現の場”」をつくり出した。

 

ライブハウスWWW1

 

 

 

 

高田馬場の家

 

30平米の戸建ての賃貸向け再生。限られた空間を最大限広く感じさせるようにプランニング。玄関を無くしウッドデッキから入るようにしたり、洗面脱衣室の仕切りをすりガラスの入った既存建具を使って透過性のあるものにしている。

 

TOP

 

 

 

 

CASA DOURADA

 

築古マンションの住戸をフルリノベーション。収納や水回りを納めた金色の箱で72平米のワンルームを緩やかに仕切っている。当たる光によって表情が変化する金色の壁面はポルトガルの金泥細工(Dourada)に着想をへて、メタリック塗料を構造用合板の木目が透けて見えるように調合し、塗装した。

 

001

 

 

 

 

上石神井の家

 

建築家が設計した住宅のリノベーション。新たな住まい手の生活スタイルに合わせて間取りを変更したが、元のデザインを延長するようにリノベーションのデザインを行った。

 

kamisyakujiitop

 

 

 

 

職人たちの競演

 

空室が長く続くワンルーム賃貸アパートのリノベーション。典型的なワンルーム4部屋をそれぞれ異なる個性的なデザインにすることで、万人受けはしないがこの部屋に住みたいと思う一人をみつけることを目指した。施工はtoolboxの職人達によるもの。デザインの一部を彼らに任せることでコストパフォーマンスが高く職人技が光る空間が完成した。

 

shokunin

 

 

 

 

Copyright SPEAC All rights reserved.